2018年11月24日

むしろ判断が遅かった

日本サッカー協会の田嶋会長が?
⇒W杯前の監督交代劇は必然だった


と、明治大学駿河台キャンパスで行われたディスカッションイベント
「明治大学アカデミックフェス」の

講義の際に語ったようですね?


なにを指すか?
と言えば、ハリルホジッチ前監督の更迭劇について

なワケですが・・・。

当ブログでは?
当時、下記の記事を書きました。

ハリルホジッチ監督の続投の方が良かったのか?

↑で書いた通りです。私の考えは。

日本サッカー協会の田嶋会長が
ハリルホジッチ前監督の更迭を決断したのは間違っていない。


私は、むしろ判断が遅かったとさえ思う・・・。

サポーターに詫びるとすれば
ここ
である。

後付けで?
ハリルホジッチ前監督が
「私ならもっと成績が良かった・・・」


とか言うのは?

 正直、カッコ悪いし、ダサイ・・・。

もし、それを証明したいなら?
今の仕事で結果を出せば、周りがそう判断するものである。



当時のハリルジャパンは、
それほど内容がないサッカーで
選手と監督の方向性にズレがあった。

歴代で最も酷いサッカーだったとさえ思う。



で、今だに・・・
日本サッカー協会の田嶋会長は辞めるべき派が存在しますが・・・。

         ↑こうゆうのをトンチンカンというのである。

結果を出した以上

それは正義
なのである。


 自分の勤める会社をイメージしてみて欲しい。

 結果が出た社長や会長がなぜ?辞める必要があるのか?

と。


世の中は、結果論なのである。

で、日本代表が決勝トーナメント進出できなかったのなら?
たぶん辞める気だったと思う。

日本サッカー協会の田嶋会長はギャンブルに勝ったのである。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーランキング

スポンサーリンク

posted by エラシコ at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185062863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク