2018年06月26日

レバンドフスキをどう抑えるか?

さて、明後日(2018年6月28日)
サッカー日本代表は?
ロシアW杯の1次リーグ最終戦で
ポーランド代表戦で
決勝トーナメント進出を賭けて戦うワケですが・・・。

勝ち点1以上獲得がミッションとなります。
とはいえ、引き分け狙いは厳しいですし
西野監督の性格的にもないでしょう。

現時点で出場してくるか?
不明ですが、
ポーランド代表戦での最大のカギは?

エースのレバンドフスキ選手をどう抑えるか?
ここでしょう。

たしかに、ロシアW杯では
本来のパフォーマンスではない。

だが、サッカー日本代表からすれば
レバンドフスキ選手を1人で抑えこめる選手はいない印象です。

これは、コロンビア代表戦同様ですが
@パスの供給源である両サイドを制圧する

↑は、日本のストロングポイントでクリアできる可能性が高いとみてます。

Aレバンドフスキ選手へのマンマークでインターセプトを狙う
※ボールに触らせない。

サッカーのDFの基本は
1.インターセプトを狙え(相手にボール触らせない)
2.振り向かせない
3.振り向かせたら、シュートを打たせない(パスはOK)

この3つが大事です。

レバンドフスキ選手に、ボールを触らせない
あとは、ビッタリとマークをつける形


そして、もし、ゴールより手前
ハーフライン超えたあたりで持たせてしまったら
ファール覚悟で良い。


このぐらいを90分間意識すれば
レバンドフスキ選手を孤立させられる可能性が高いでしょう。

Bハイボールの対応
ここが最大の課題
ですね。
フリーキック&コーナーキック
DFラインからの前線へのフィード

パワー押しでガツガツこられると
失点の可能性が高くなる。


故に、サッカー日本代表としては
相性が悪い対戦相手と、私は見てます。



先日も書きましたが、横の動きはなんとかなる(事前準備をすることで)が
縦は、簡単ではない。

打ち手は、

CB2枚で、レバンドフスキ選手を飛ばせないぐらいしかないですが・・・。
ファールが怖い・・・。


だが、相手のDFラインはそこまで強固ではないので
今のサッカー日本代表なら1点は取れる可能性はありそう。

結果的には引き分けでOKですが
勝ち点3を取りに行っての引き分け以上が
このロシアW杯の1次リーグ最終戦の
ポーランド代表戦でのミッションとなります。

ちなみに、
コロンビア代表VSセネガル代表戦は?
※コロンビア代表有利と
みてますが、セネガル代表に頑張って欲しいですね。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーランキング

スポンサーリンク

posted by エラシコ at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183643067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク