2018年07月17日

4年後に向けたサッカー日本代表の課題

さて、ロシアW杯が
フランス代表が2度目の優勝で幕を閉じました。

我らがサッカー日本代表は
決勝トーナメント進出(ベスト16)で姿を消し
早くも4年後に向けての準備期間に入ってます。

監督人事(新監督)の報道が先に出ていますが・・・。

そもそもの
サッカー日本代表は課題を挙げてみたい。


@セットプレイ

これは攻守両方の大きな課題と言える。

攻撃面では
フリーキックからの得点が、ここ近年ほとんど見られない。

4年後は名実共にチームの顔になっているであろう
柴崎岳選手に、求めらる更なるレベルアップが必要不可欠。

この大会で輝けなかった
宇佐美貴史選手も、そういった意味で可能性はある。

下の世代から、かつてのフリーキックの名手と呼ばれる選手が
出てくる必要もある。

また、コーナーキックの場合は
世界の強豪のDFラインには190cm台が軒並み揃う。

空中戦では分が悪い・・・。
身長は伸びない。跳躍力は可能だが・・・。
※そういった選手が出てくると望ましいが・・・。

となれば、ショートコーナーを含む
グラウンダーが基本となるだろう。

↑は新監督のアイディアなどで差が出る部分

守備面でも、

Aセンターラインの守備

長谷部誠選手の代表引退により
ボランチが1枚空く形

いわゆる90分球際に強い選手が必要。


CBは、昌子源選手のレベルアップ
欧州移籍により、世界レベルの選手とのマッチアップが必要でしょう。

GKも、欧州でプレイできるレベルの選手が出てこないと厳しい。
実際、見た目より、変化(無回転)している。

コーチング能力も必要。

この2つは、新監督が着手すべき点と言える。


あとは守備面ではサイドは継続する形

実際、酒井宏樹選手と原口元気選手の守備力は?
あのベルギー代表の
アザール選手に仕事をさせてなかった。


優勝したフランス代表や
イングランド代表でも
アザール選手に、かなりやられていたが・・・。

ここは世間がみているより
現在の日本代表が優れていた部分
である。
=故に、ストロングポイントは私は書いてきた。

左サイドの
長友佑都選手も未だ世界トップクラスであるが・・・。
4年後は押しのけて、レギュラーを奪う選手が出てこないといけない・・・。

で、サッカー日本代表の
新監督に求められる最低限の能力は?

@新戦力の目利き能力
Aセットプレイの引き出しの多さ
B組織的な守備の継続

の3点ではなかろうか?

ここに、大舞台の指揮での経験があるのが望ましい。

と私は考える。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーランキング

スポンサーリンク

posted by エラシコ at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表

2018年07月16日

フランス代表VSクロアチア代表の雑感及び感想

フランス代表が?
クロアチア代表を4−2で下し
20年ぶり2度目のW杯優勝で幕を閉じた

ロシアW杯。


ついに、
ロシアW杯の決勝戦
が終わってしまった・・・・。


なんか寂しさを感じるサッカーファンは私だけではないはず・・・

で、いつもより早く目が覚めてしまった。

さて、ロシアW杯決勝戦
フランス代表VSクロアチア代表の雑感及び感想
を書いてみたい。

戦前から
フランス代表有利と言われている中で
前半18分にグリーズマン選手の
フリーキックがオウンゴールを誘い先制。

このまま、一旦ブロックを固めるのかな?
なんて思ってましたが・・・。


ここで、私はクロアチア代表の戦術に舌をまく。

正直、穴が見つからないと思っていたのですが・・・。

フランス代表の心臓部

カンテ選手を徹底的に突く形
でしたね。


穴がないなら、開ければ良い

まさにそういった戦術だったように思います。

もし、フランス代表が敗れるとしたら?
カンテ選手を退場させるしかない


と思ってましたが・・・。

それに近い形で
ここまで、イエローカードすら受けてない
カンテ選手が前半27分に
早々にイエローカードをもらう。

これにより
いつものカンテ選手のような
ハードかつタイトな守備ができなくなる・・・。


精彩を欠き
フランス代表の守備が乱れ始める・・・。



先制されたクロアチア代表は、
前半28分にイバン ペリシッチ選手が
同点ゴールに追いつく。

だが、フランス代表は

悪い流れの中
前半38分に
PKを得て、再び2−1とリードし前半を終える。


私個人としては
前半を凌げば?
フランス代表が95%勝ちだと
戦前、思ってましたが
リードで折り返した状態では
フランス代表が99%勝ちだと思ってました。

だが、後半早々から
クロアチア代表がフランス代表のゴールを脅かすシーンが増える。

そう。
前半から徹底的にカンテ選手を狙った事により
歯車が狂っていた。

そして、変えの利かない選手
と言っていたデシャン監督が早々に手を打つ。

そう

フランス代表の心臓部である
カンテ選手を
今大会始めて、途中交代させる采配。

エンゾンジ選手を投入。


↑ここ大きなギャンブルだったと思います。

実際、モドリッチ選手が
やりやすくなった感じで
押し込まれていた。

だが・・・・後半14分

フランス代表には
この漢がいた。

そうポール ポグバ。

決定的なスルーパスを
エムバペ選手に通し、その後
そのままゴール前でこぼれ玉を

ポール ポグバ選手がシュートを放ち
追加点。

この大会、常に余力残しできた
ポール ポグバ選手がクロアチア代表を突き放す。

更に、後半20分に
エムバペ選手が個人技で
クロアチア代表でトドメの一撃・・・。


その後の
GKのロリス選手の不用意なプレイから
マンジュキッチ選手が1点を返し反撃を試みるも・・・。

このまま試合終了。


結果こそ4-2と大勝の優勝のフランス代表ですが・・・


3戦連続の延長戦で消耗しきっていた

クロアチア代表が
フランス代表の心臓部
カンテ選手を徹底的に突き

そこを上手く凌いだフランス代表。

両選手&両監督共に
サッカーの頂上決戦に相応しい
見どころのある素晴らしい試合
でした。

あーまた4年後か・・・。
毎回ですが、こう思ってしまう
いちサッカーファンの私でした。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーランキング

スポンサーリンク

posted by エラシコ at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ

2018年07月15日

あまり良い試合がなかった印象の3位決定戦ですが

過去のW杯の3位決定戦は?

あまり良い試合がなかった印象の3位決定戦ですが・・・。

昨日行われた
ロシアW杯の3位決定戦の
ベルギー代表VSイングランド代表
は、非常に濃い内容の試合
でしたね。

まず、結果は?
2-0でベルギー代表が勝利し
史上初のW杯3位という結果
でした。

前半戦は、疲れのあった
イングランド代表がピリっとしない試合でした。

ケイン&スターリングの主軸に本来のキレがない。

後半、スターリング選手を代えたあたりから
ゲームが動いてきましたね。


ベルギー代表のゴールに迫るも
ファインプレイもあり、ゴールを割れない・・・。

疲れのあるイングランド代表は
後半に入ると、

ベルギー代表のアザール選手を止められない。
※昨日もピッチ上でNO1選手だったと思います。

早めのファールするしかない感じ。



とはいえ、
流石は、プレミアリーグ所属選手が多い両チーム
※イングランド代表は当然だけど・・・。

非常に濃い内容の試合でしたね。

ワンタッチでの超高速カウンターなど
見せ場十分でしたね。

W杯は過酷なトーナメントですので
日程の差もあったかも?しれませんね。
※イングランド代表は休養日が1日少なかった。

で、本日は
いよいよ
ロシアW杯の決勝戦

フランス代表VSクロアチア代表

ここもクロアチア代表は休養日が1日少ない。
かつ、3回続けての延長戦による消耗。

前半でほぼ決まるでしょうね。

フランス代表が無失点なら
99%2度目のW杯優勝。

でしょう。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーランキング

スポンサーリンク

posted by エラシコ at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ

スポンサーリンク

スポンサーリンク